スポンサードリンク

転職するに当たって大企業と中小企業の違いは?

企業の規模も考慮して転職活動をするには

転職 大企業 中小企業

スポンサードリンク

転職活動をするにあたって、企業の規模を考慮して転職活動している方は多いです。

そこで今回は、大企業、中小企業のメリットデメリットを紹介します。

大企業と中小企業の違いは?

転職 大企業 中小企業

大企業

大企業の定義は中小企業基本法上、中小企業に当てはまらないものとされています。

転職 大企業 中小企業

中小企業

中小企業の定義は中小企業基本法に定められています。

製造業、その他の業種であれば資本金または出資の総額3億円以下、または従業員数300人以下の企業を中小企業と呼びます。

卸売業であれば、資本金または出資の総額1億円以下、または従業員数100人以下の企業を中小企業と呼びます。

サービス業であれば、資本金または出資の総額5000万円以下、または従業員数100人以下の企業を中小企業と呼びます。

小売業であれば、資本金または出資の総額5000万円以下、または従業員数50人以下の企業を中小企業と呼びます。

この基準からわかるように、中小企業に該当する企業は非常に多いと考えられます。

大企業で働くメリット・デメリットは?

転職 大企業 中小企業

大企業で働くメリット

大企業は中小企業と比べて、給料やその他待遇が優れていることが多いと考えられます。

労働組合が強い大企業も多く、労働者の地位は比較的守られているでしょう。

昨今の女性活用の風潮から、企業独自の育児休暇などが充実している大企業が多いという点は、ライフステージが変化しても働き続けたいと考えている女性には好ましいです。

企業の将来を見通すことは難しいですが、一般的には中小企業に比べて倒産しにくいと考えられるので、一度入社してしまえば将来安泰というケースが多いです。

また、仮に大企業が経営不振に陥るようなことがあったとしても、大企業にはネームバリューがあるため、大企業出身者は比較的転職が容易だといわれています。

そのほか、社内の設備も最新のものを導入していることが多く、最新鋭のパソコンなどを用いて快適に仕事を進めることができます。

やはり世間的に大企業出身者は高く評価されがちですので、大企業に入ると親戚や友人から尊敬されるということもあります。

転職 大企業 中小企業

さらに、大企業は社会インフラ関連事業や、規模が非常に大きい事業に関われることもあり、やりがいを感じる人も多いようです。

大企業は厳しい選抜を経て入社した優秀な人材が多いことから、優秀な同期や上司に鍛えられるという点も魅力です。

大企業で働くデメリット

転職 大企業 中小企業

大企業では誰でもトップに上りつめられるわけではなく、厳しい競争を勝ち抜くことが重要です。

そのため社内の人間関係がとげとげしいものになりがちですし、本当に気を許せる人を社内に見つけるのは難しいと考えられます。

また、大きな仕事に関われるのは入社後数十年たってから、というケースが多いため、下積み時代の長さに嫌気がさしてしまう方も多いようです。

大きな仕事に関わることができても、業務そのものよりも社内調整に忙殺される可能性があります。

大企業は組織の大きさから意思決定に時間がかかるケースが多く、スピード感を求める方にはつらい環境だと考えられます。

さらに、業種・職種次第ですが、基本的に大企業の業務量は多く、残業代が全額もらえるとしても総労働時間自体は長くなりがちです。

そのため、ワークライフバランスを追求する方には快適な環境とはいえないかもしれません。

中小企業で働くメリット・デメリットは?

転職 大企業 中小企業

中小企業で働くメリット

中小企業は組織が小さく、早期に責任ある立場になれます。若手のうちから自分の裁量でいろいろな判断を行えるため、やりがいを感じられる環境です。

また、従業員数の少なさからほかの従業員に気を配りやすく、良好な関係を築きやすいといえます。

企業次第ですが、従業員にやさしい中小企業であれば、法定よりも充実した福利厚生を備えていることもあります。

中小企業で働くデメリット

転職 大企業 中小企業

中小企業の給与やその他待遇面は大企業に劣るケースが多く、不満を感じやすいです。

残業や有休などの勤怠管理がしっかり行われていないこともあります。

また、人間関係が濃密な点や組織が小さい点から、一度パワハラなどのトラブルやライフステージの変化が起きてしまうと、その企業にとどまることが難しくなってしまいます。

トラブルへの対応もマニュアル化されておらず、適切な対応を期待できないケースもあります。

また、ネームバリューがない中小企業の場合、転職において苦労することがあります。

そのほか、設備の古さに不満を感じることもあるようです。大企業から中小企業に転職した方が業務で使うパソコンのスペックの低さや社内のIT活用度の低さに驚いた、という話もあります。

自分に合う企業とは?

転職 大企業 中小企業

大企業なら良いは間違い。大企業にも中小企業にもそれぞれメリット・デメリットがあります。

大企業は良く、中小企業は良くないと考えている方!自分がどういうことを重視して、どういう環境で働きたいかという点についてまず整理してみることが大切です。

そして、その基準で企業を見て、自分が勤めて幸せになれる企業を見つけてみてください。

転職 大企業 中小企業


ライター名 :杉田
プロフィール:小規模IT系企業の総務・経理を担当。最新のIT情勢から、これからの企業のあり方、インターネットと社会との関わりかたを俯瞰して見据える。